切らない包茎手術の施術内容と料金相場

切らない包茎手術にはどんな種類があるか

包茎手術には切らない施術も存在しており、軽度な包茎手術などで行われる事が多くあります。その施術内容としてはまず「長茎術」という方法があり、体内に隠れている部分の陰茎を引き出して、余っている皮の部分を無くす事で包茎の改善に繋げる物です。通常時の陰茎の大きさがアップする事が特徴で、仮性包茎の場合にも適している施術です。
そして「下腹部脂肪吸引」といった切らない包茎手術もあり、陰茎の根元部分の脂肪を吸引して無くす事で、隠れた部分を引き出すようなイメージです。手術の後も目立ちにくく、陰茎自体のサイズが大きく見える点もメリットの1つです。脂肪吸引という包茎手術となりますので、太ってしまうと元に戻る場合があるので注意が必要です。
また「亀頭増大法」も包茎手術に用いられる側面があります。これは亀頭に専用の薬剤を注入して、サイズを大きくするとともに、皮が戻らないようにする物です。それぞれ切らない包茎手術として美容整形クリニックなどで行われ、気軽に利用できる事でも注目されています。

包茎手術の料金相場には開きがあるのが特徴です

それぞれの切らない包茎手術の料金相場を確認してみると、まず長茎術にかかる費用のトータルは、40万円〜150万円という相場となり、大きな開きがある事が特徴です。これほど相場料金の開きがある理由として、手術費用以外のオプションの部分が影響しています。長茎術の手術費用そのものは15~50万円ほどですが、ヒアルロン酸の注入なども選択すると料金がアップします。ヒアルロン酸注入はメリットもありますが、必要のない場合は利用しない事で料金を抑えられるでしょう。
そして脂肪吸引の包茎手術の場合は、トータルで50~180万円という目安で、通常の長茎術よりも比較的高額な料金となっています。これは脂肪吸引する量や、包茎の程度によっても異なりますので確認しておくのが大事です。
また亀頭増大の施術の場合は、注入する薬品の種類によって大きく変化しますが、トータルで20〜50万円あたりが相場となっています。

まとめ

このように切らない包茎手術はそれぞれの程度や治療法、そしてオプションの追加の有無などで変わってきます。包茎手術のクリニックを選ぶ時には施術料金だけを見るのではなく、トータルでどの程度かかるのかを目安として比較してみるのも大事です。診察料や麻酔代などが別途表示されているケースもあり、通院が必要ならその部分も考慮して計算するのがおすすめです。
追加するオプションは自分に必要な物かどうかをしっかりと判断して、メリットが感じられる内容なら追加すると良いでしょう。